全身脱毛をすると体臭がきつくなるって本当?

全身脱毛後の体の変化

全身脱毛後の体の変化全身脱毛は、気になるところのムダ毛を一度に脱毛できるのでとても効率的な脱毛方法です。背中などの自己処理ができない箇所のお手入れも楽にできるので、最近はますます人気が高まりつつあります。しかし、全身脱毛が完了した後に、体にさまざまな変化が起きたという声もあり、中でも体臭が強くなった、という気になる意見があります。全身脱毛をすると体臭が強くなるというのは本当なのでしょうか。

汗の量や成分に変化はない

体臭の原因の一つと言える汗ですが、この汗の量や成分が全身脱毛をすることによって変化をするということはありません。これまではムダ毛が汗を少なからず吸収してくれていましたが、脱毛をすることで毛が少なくなり、そのため肌の表面に汗が流れ出してくるようになってしまうのです。汗が乾いて空気と反応すると雑菌が発生し、それが嫌な体臭の原因となるのです。全身脱毛を行うと、毛穴が清潔に保たれるようになるので、肌に付着した汗が雑菌を繁殖させるのではなく、服に付着した汗が雑菌を繁殖させてしまうのです。そのため体臭がきつくなったように感じてしまうのです。

全身脱毛によりムダ毛が少なくなったことによる変化

全身脱毛を行ったことが原因で汗の量や成分に変化はありませんが、一度に広範囲のムダ毛の処理を行うので、今まで毛に吸収されていた汗が全て肌の表面に残るようになってしまいます。そうなると、汗が増えたように感じ、精神的にも気になってしまいます。精神的に不安になると人は汗を多くかいてしまうので、ムダ毛が少なくなった事によって起こる表面的な変化に対する心理不安が汗を多くしてしまう、ということが考えられます。汗が増えると体臭の原因となるので、結果、体臭がきつくなったように感じてしまうのです。

全身脱毛が原因で体臭に変化は生じない

全身脱毛を行ったことで体臭に変化が生じることはありません。ただ、今まではムダ毛によって吸収されていた汗が肌の表面に流れ出る事によって、汗の量が増えたように感じてしまうのです。服に付着した汗が雑菌を繁殖させると体臭の原因となってしまうので、全身脱毛の後は通気性の良い素材の服を着るように心がげましょう。

全身脱毛 安全